仙台福祉清掃社の社長ブログ

2017年06月

DATE

  • このページのトップへ

仕事は3番目だよ


インクジェットプリンタのインクが蒸発でもしてんのかい!ってツッコミたくなるくらい
減るのが速い今日この頃、如何お過ごしでしょうか。

弊社の判断基準というか優先順位として1健康2家族3仕事 という不文律?があります。
これはワタクシの社会人生活(サラリーマン10年、見習い1年、社長12年)からたどり
着いたもので月1回は朝礼でも皆さんに申し上げているところです。
IMG_0480.jpg
先日健康診断の結果に基づき協会の方が来社され個人面談を行った際に認定申請のお誘いを
お受け致しました。項目全てまあ弊社にしてみれば当たり前の事なんですが(笑)あまりこ
うゆう認定書とか感謝状?の類に恵まれない😅弊社としてみましたら単純に嬉しいなってと
こでしょうか!(←ちょっと違う?)

そりゃ腰痛い(←オレっす)とか肩上がらないとかありますけど肉体的にも精神的にも「健康」
でいられる会社にしていくつもりです。

「元気があれば何でもできる」これだぜ。

スポンサーサイト

カテゴリー:業務ご案内

知らない事ばかり


(オレ的には)結構な金額を消費したつもりなのにまだ当該の店からプレセールの案内が来ない
今日この頃、如何お過ごしでしょうか(とほほ・・)。スカした麻のポロシャツでも欲しいので
すがこの時期に定価で買えとでも・・ここが上得意の分かれ道???

東北絆祭りを少しだけ見てきました

IMG_0422.jpg
竿灯、これすごい!

IMG_0430.jpg
色々撮ったのですが・・・・ひとつ思ったのはさんさしぐれも花笠音頭も女性が踊ることを念頭
に作られているということでした。だからなんかみなさんおキレイに見えるんだ〜すずめ踊は好
きだけど殿様の酔っ払い踊り?が元だから踊ってて楽しいけど(←2回青葉祭り出たんです)全
体の美しさ的にはやはり前出に敵わないかな〜っと・・・仙台市民にあるまじき発言かも?

福島のわらじ祭り?初めて知りました・・。今回一番の衝撃はこれです。まず
①そのお祭り自体の存在に衝撃(45年間知らなかった・・)
②わらじを皆でかついで沿道の方々に「ヤーっ」って倒して(傾けて)終わり、ええっ??
③そしてかついでいる皆さん全員ドヤ顔にて行進していらっしゃる・・ドヤ顔羨ましい、オレ
 も混ざりたい。

まだまだ知らないことばかりのようです・・外国だなんだっていう前に隣の県の祭りですら
こうなんですからきっと仙台市とか宮城県の事とかで全くわかってない事が沢山あるんでし
ょうな〜。自分の足元をよく見て考えるいいきっかけになりそうなお祭りでした。

カテゴリー:休日

カレイカレイカレイ


活タコの刺身を初めて食べて感動・・・している今日この頃、如何お過ごしでしょうか。

先日は倫理法人会主催の釣り大会でした。

IMG_0166.jpg
東に向けて走ります。4時半でこの明るさ・・

IMG_0167.jpg
釣りする人は皆せっかち(笑)なのでもう出航です。波少なくて良さげです。
IMG_0169.jpg
もちろん大型漁礁に向かいます、1時間くらいでしょうか。

(ここから釣れすぎて写真なし)
さすがに釣れます、もうひっきりなしです。ワタクシの竿とリールは非力なので魚が掛かるともの
すごくしなります。それで両隣の人たちからは「どいな大物釣れんの?」的な視線を感じるのです
が上げるとフツーサイズが続きすっかりワタクシに興味を示さなくなるのでした(笑)。でも50
センチオーバーも結構上げたしご満悦な釣行でございました。
IMG_0181_convert_20170607083044.jpg

もうさばくの大変・・・親戚一同に受け取って頂いたり友人に無理やり?押し付けたりと大変でした
が皆おいしいと喜んで頂けたようでホッとしております。ワタクシの分は刺身に塩焼きにムニエルに
と全部食べました。刺身は翌日の方がなんか味わい深いような気も・・・。

次回「ウチで引き取ってもいいよ〜」という方いらっしゃいましたらご連絡下さい、海から直行
してお好きなやつを差し上げますから!!

次はアイナメ釣って天ぷらにして食べたい〜!!がんばります。

カテゴリー:釣り

夏うた


衣替えの初日にこんな大雨では世のお嬢さん方はさぞかし大変だろうと余計な気を揉む今日
この頃、如何お過ごしでしょうか。

 夏が近づいて参りました。やっぱり夏うたとか思い出しちゃう感じ〜?ですかね(←誰?)。
ワタクシの場合サザンでもチューブでもユーミンでも杏里でもありません(例えが昭和だ)、
そうです、仙台のスーパースター、さとう宗幸のアレです、

           「青葉城恋唄」です!!

・・・前職時代は七夕期間中のBGMとしてもう強制ヘビロテの刑でしたが、そこから離れ歳
を重ねるにつれて「この曲こそ(当時は)短く切ない仙台の夏を表現している曲だ!」と思
うようになりました。特に2番のサビ

            時はめぐり また夏がきて
            あの日と 同じ 七夕祭り
            ゆく風やさしき 杜の都
            あの人は もう いない

 感情が一切歌われておりません。でも確実に伝わってきます。

ここ十数年仙台の夏は歌われていた頃と全く違って期間中は毎日30度超えで夏うた風に言え
ば「♪熱帯夜が〜云々でえ〜パーティー云々があ〜イエーイw」みたいな感じ?(←すみません)
になってお若い方々?はこの歌の情景が想像できないだろうなあ・・と少し残念に思うのでした。

夏のあいだ仙台だったら必ず一度はどこからか聞こえてきます、たまに立ち止まって最後まで
聞いてみて下さいね。

カテゴリー:日常